tuned on gray laptop computer

「ホームページ」と「ランディングページ」の違いとは?

アフターコロナ時代において今まで以上にWebサイトの重要性が高まることは間違いありません。
そんな中で「ホームページ」と「ランディングページ」がありますが、これらは一体何が違うのでしょうか?

当記事では「ホームページ」と「ランディングページ」の違いと正しく使い分ける方法をご紹介します。
この記事をご覧いただくと2つの違いが明確になるため、もう使い分けに迷う必要はありません。

ホームページとランディングページの違いとは?

ホームページとランディングページの違いをシンプルに説明すると
複数のページで構成されているものは「ホームページ」1ページだけで構成されているものは「ランディングページ」です。
ランディングページは「LP」「ペライチ」と言われることが多いです。
しかし、どちらも果たせる役割に違いがでてきますので、用途によって使い分けするとより効果的です。

ホームページの役割

まずはホームページの役割ですが「ユーザーに情報提供すること」です。
情報を発信し続ければ情報量が多くなり、検索エンジンの上位に表示される可能性が高まります。
例えば、会社のホームページ(コーポレートサイト)であれば
「会社概要」「事業内容」「実績紹介」「採用情報」「最新のお知らせ」などの情報を提供します。

少しずつ「コンテンツ」を増やしていくことで、中長期的に集客力を高めていけます。

ホームページは、トップページを軸に複数のページとリンクで構成されています。

コーポレートサイトであれば、企業の情報が網羅されている必要があり、
内容ごとにページを分けることで、それぞれの項目について詳しく情報を伝えることがきます。
新しい情報が増えた場合は既存のページを編集、新規ページの追加をする必要もあります。

ランディングページの役割

続いてランディングページの役割は「ユーザーに行動を起こさせること」です。
ホームページでも主目的である「情報提供」だけでなく、「お問い合わせ」や「資料請求」などのアクションへ誘導することも多いですが、
ランディングページは閲覧ユーザーに対してより明確な目的(ゴール)を設定し制作します。
ランディングページは1ページだけなので、ホームページに比べると簡単に作成できます。

ランディングページはユーザーの興味付け、サービス紹介、アクション(申込、問い合わせ等)
までを1ページで行えるようにストーリー性のある構成で設計されています。

しかし、検索エンジンからの評価を受けづらいため、インターネット広告を使って集客する場合が多いです。

まずはホームページを作っておくべき

ホームページの方が幅広い情報を発信でき、汎用性が高く運用しやすいので初心者はまずホームページを作っておくのが良いでしょう。

ホームページでは会社や店舗の存在を認知してもらうことに適しています。

例えば店舗のホームページであれば「店舗情報、アクセス、おすすめ商品、お問い合わせ」などのページがあれば良いでしょう。

ホームページの役割はユーザーに情報を伝えることが目的なので、
新しい情報があればどんどん追加していくと、コンテンツの情報量が増え、
検索エンジンの上位に表示されやすくなりますので、少しずつ集客力を高めていくことが可能です。

ランディングページのメリット

⓵ランディングページは、お客様へアクションを起こさせる内容にする場合が多いため、
特定の商品の問い合わせや購入に特化した内容にすることで売り上げに直結しやすい。

⓶商品に興味がないユーザーが誤って申し込みするということもなく、
その後のアプローチに無駄なリソースを割くような事態も防ぐ事が出来るので、特定のターゲットに訴求しやすい。

⓷ランディングページでは他ページへのリンクを極力少なくしています。そのため、ユーザーはランディングページの情報に集中しやすく、
ページから離脱が発生しにくい。

⓸ランディングページは基本的にホームページから独立して存在しているため、
内容を変更する際もサイト全体を改修する必要がなく、改善がしやすい。

ランディングページのデメリット

⓵効果的なランディングページを制作するためには、高度な知識やスキルが必要で、
ユーザーへわかりやすく伝えるためにアイコンや画像制作や写真の加工が必要になります。

⓶ランディングページは1つの商品に特化した内容にする場合が多く、1つのページで複数の商品を紹介するには適していなく、
商品ごとにランディングページを制作する必要があります。

⓷ランディングページは、ホームページとは独立したページとなっているため検索順位が上位表示されづらくなっています。
そのため自然検索からのアクセスはあまり期待できません。検索広告やSNSなどを使うため広告費がかかります。

まとめ

今回紹介したようにホームページとランディングページで特徴が違うので、理解した上で使い分けると良いでしょう。

もし、ホームページとランディングページどちらを作ればよいか迷っているのであれば、
まずはホームページから作ってみてはどうでしょうか?

ホームページやランディングページの導入を検討している方の参考になれば幸いです。

関連記事

  1. YouTube動画作成・編集の費用と料金の相場を解説!!

  2. abstract business code coder

    Webサイト制作の流れと進め方

  3. silver laptop next to coffe cup smartphone and glasses

    ECサイトとは?

  4. advertising alphabet business communication

    SEOとは?

  5. 採用動画で求人効果UP!!費用やメリットを紹介!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP